パワハラを受けたらどうする?

前回の記事では、パワハラによってストレスで心を病んでしまうこと、

そのパワハラに気づくために実際にどんな事がパワハラなのかを紹介しました。

絶望的です, 悲しい, 押し下げられました, フィート, 手, 折り畳まれました, 損失, 懸念
phpto by Anemone123

今回は、実際にパワハラにあってしまった場合、どうすればいいのか?

対策を紹介します。

1、どんな事をされたのか記録する。

  

  貴方が辛い思いをしても、悲しいかな。人間の記憶は薄れてゆきます。辛いことは薄まったり、逆にどんどん増大していったり、当時の事実や感情と違くなる可能性があります。正確に、そして客観性を持つためにも、記録をしましょう。

 メモやノートなどでかまいません。 いつ、どこで、誰が、何を、何のためになど記録します。

 

「記録」の画像検索結果
  https://www.monodanekaikei.com/blog/effect-continuing-record/

 そのときに、感情も記録すると良いです。パワハラの証拠だけでなく、自分の心理状態を振り返ることは、感情を言語化することです。

 感情を言語化すると癒されます。

 辛い思いをして、言動や仕打ちを振り返るのは大変かもしれません。しかし、周囲に相談するときに、なるべく正確な事実を伝えられなければ、周囲に信頼してもらえない可能性があります。「貴方に問題があるから言われるのよ」と返答されないためにも、きっちりと記録を残しましょう。

 

「無許可録音」のデータは裁判で証拠として認められるか…パワハラ訴訟を事例に検証 
https://www.bengo4.com/c_5/n_4698/

 一番、確実なのは、録音、録画です。機械をポケットに忍ばせて録音しましょう。パワハラがあったときの時間を覚えておけば、録音を聞く時に戻りやすく編集しやすいです。

2、周囲に相談する。

 一人で悩まず、同僚や上司に相談しましょう。もし、同僚や上司から信頼をおけていない、あるいはされていないのであれば、社内相談窓口へ。精神的にやるきが出ない、眠れない、食欲がない。出すぎてしまう等症状があれば、産業医へ相談しましょう。もちろん、家族や友人にも相談する事が大切です。

 

「精神科」の画像検索結果
https://snabi.jp/article/82

社内も動いてくれない。あてにならないなら外部の相談窓口です。精神的におかしくなりそう、死にたい気持ちが出るなら、迷わず精神科、心療内科へ行きましょう。

良い医者のポイントはあなたの話を聞いてくれるかです。

パワハラを会社に訴えても、改善しないのなら、労働局、労働基準監督署へ電話しましょう。

また、裁判沙汰にしなくとも、弁護士事務所に電話してみましょう。

費用が心配なら国立の法テラスに問い合わせてみてください。

https://www.houterasu.or.jp/

 ずっと、一人で我慢していると、うつ病や適応障害などのリスクが高まります。もちろん、パワハラする人を可哀そうな人と達観して受け流せれば良いですが、多くの人は無理でしょう。「自分が悪いんだ」と責める必要はありません。とにかく記録して周りを動かす事が大切です。

誰かに相談することで、感情を打ち明けることで、辛い気持ちが和らぎます。

1人で抱え込まないでください。

3、逃げる事も大切。

 

「転職」の画像検索結果
https://www.businessinsider.jp/post-174063

 これらの対策が面倒。別な環境が心機一転頑張りたいというのであれば、異動、転職しましょう。

精神を病むよりは、環境を変えてしまう方が良いかもしれません。異動の場合は前の職場の評価が異動先に影響を与える可能性があるため、要注意です。

 転職も直接パワハラで前職を辞めたというと、「この人に何か問題があるのか?」と疑問を持たれ、不利になる可能性があります。転職理由は別に準備しておきましょう。

精神的に辛い中で、上記対策をするのは大変ですが、もしパワハラを受け続けたら自分の心を守るためにも取り組んでみてください。このまま、貴方が虐められているのを放っておかないでください。

 

ハンセン病とは?

最近ニュースで聞くハンセン病て知っていますか?

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/leprosy-familly2

「ハンセン病」の画像検索結果
https://nikkan-spa.jp/559347

ハンセン病とはらい菌による感染症で、皮膚や神経が侵され、

潰瘍や感覚障害が起き指や顔が変形、腐ってしまう恐ろしい病気です。

昔からある病気で日本の「古事記」や聖書にもその記述が残っています。

約40年前まで有効な治療法がなく、その外見の変貌もあってか

隔離政策を治療として行ってきました。

「MDT ハンセン病」の画像検索結果
http://leprosy.jp/about/cure/

現在はMDTという多剤併用療法、らい菌を撲滅させる薬が開発され

国際機関の協力もあって、らい病は完治する病気になりました。

ハンセン病の症状は?

末梢神経障害が症状ですので、痛くない、痒くない、ケガしていた、やけどしていたのを後から気づいた等が挙げられます。進行すると白班や赤班が皮膚にでき、変形することもあります。

「ハンセン病」の画像検索結果
日本財団 

国民の栄養状態も改善された日本では、新規発生は数名かつ治療法も有りますので、心配する必要はないでしょう。

自分でできるセルフチェックとしては皮膚の観察です。

例えば斑紋をペンなどで触って感覚があるのか 。なければ皮膚科や保健所に相談してください。(もしかしたら末梢神経障害は糖尿病が原因かもしれません。)

ハンセン病ついて知っておきたい事

病気自体は怖い病気ではなくなりましたが、昔は治療法も感染経路もよくわからなかったため、

二次感染を防ぐという名目で隔離をしてきた歴史、人々から迫害されてきた歴史があるのです。

「ハンセン病 時ぶり」の画像検索結果
映画 もののけ姫より

人間はよくわからないものに恐怖を覚えます。ハンセン病の歴史や当事者の

気持ちはどんなものだったのか以下のサイトで見てみてください。

病気にかかっても人生の醍醐味の一つ他社との交流、社会との交流を

続けたいと願いたいと思いませんか?

日本財団https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/leprosy/photos

    https://atm.eisai.co.jp/ntd/leprosy.html

     https://www.tokyo-jinken.or.jp/publication/tj_59_interview.html

不自然な独り言を聞いたら、思いだしたい事

電車の中で独り言を聞いて気味が悪く感じた事があるかもしれません。

「独り言」の画像検索結果
チャリツモから引用

ぶつぶつ、ぼそぼそっと短く終わるものもあれば、

感情的でまるで誰かと話をしているかのようにはっきりと話す人もいます。

独り言は誰もが言う可能性があります。しかし、病気や障害や特性から

人よりも多く出てしまう方もいるのです。

例えば、知的障害や発達障害のように、思っていることをそのまま口に出してしまう。社会的にどういう目でみられるかは考えない方もいます。

もう一つ知っておきたいことは、統合失調症です。

統合失調所は脳の病気と言われています。

「統合失調症」の画像検索結果
https://kusuri-jouhou.com/domestic-medicine/schizophrenia2.html

陽性症状、陰性症状など色々症状がありますが、幻聴と妄想がある方もいます。

幻聴とは、誰も話していないのに、その人には本当に声が聞こえている状態を指します。

例えば「私は生活保護受けてません!○○会社に勤めているんです。給料ももらってます。女だからてバカにしないで!」と大声で話す方がいたとしましょう。

「幻聴 写真」の画像検索結果

その方の頭の中にはこんな声が聞こえているのかもしれません。

「あいつはお前の事をバカにしている」

「お前は働いてないんだろ?生活保護を受けてるんだな。」などかも、しれません。

幻聴で聞こえてくる声は千差万別で上記のように感情的に不安定になりやすい空耳も多いのです。

ずっと、頭の中に声が聞こえ続けていたら不安になりませんか?

どこへ逃げようとも声が話しかけてきたら、おかしくなってしまいそうですよね。現実と妄想の壁も徐々に壊れてしまうのです。

幻聴、妄想は統合失調症の急性期の症状の可能性もあるため、症状が悪化すると生活がままならくなる方もいます。

「統合失調症 ネグレクト」の画像検索結果
https://unsplash.com/@edulauton

精神科の受診が望ましいですが、既に精神科に通院されている方も少なくありません。公然の前で精神科受診は当然勧めない方がよいでしょう。

統合失調症は100人に1人かかる病気と言われています。

決して珍しい病気ではありません。

「カウンセリング フリー画像」の画像検索結果
https://www.photo-ac.com/

もし、自分の親しい人がこの症状に悩まされていたら、まずはじっくりと話を聞き、精神状態が落ち着いたところで、心の病気を見てくれるところ、精神科へ行ってみようと誘ってみてください。

独り言は薄気味悪く、敬遠したり、嘲笑してしまうかもしれません。

統合失調症は決して珍しい病気でもなく、あなたもあなたの身近な人もかかる病気なのです。積極的に関わる必要はありませんが、原因を知って落ち着きましょう。

そして精神が可笑しくなったからといって、ぞんざいに扱わないでください。 人間関係のストレスに敏感になっているので、雑な対応は余計症状を悪化させてしまいます

最後に、統合失調症当事者の方の話を聞いてみてください。

病気を持ったとしても、一人の人間として扱ってほしいという願いを。

参考HP

2000万円報告書から見る老後の生活のイメージ。

物議を醸した金融庁の老後資金は2000万円必要という報告書。

https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/2000manyen-1

原本はこちらhttps://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

これは65歳で退職して95歳まで生き、毎月5万円の赤字というモデルでした。

「2000万円」の画像検索結果

2000万円は必要だ、必要じゃない、政府の対応が酷いなど様々な意見があるかと

思いますが、

ここで大事なのは老後の経済状況を予想するという事だと思います。

定年退職後の経済について一緒にイメージしてみましょう。

第21回 市場ワーキング・グループ 厚生労働省より

収入

「年金」の画像検索結果

年金・・・国民年金、厚生年金、共済年金、障害年金などを指します。定年後の主な収入です。

勤め先収入・・引退しても、アルバイトやシルバー人材センター等で少額稼ぐ方もいます。

金利、株など資産収入・・定年後新たにはじめる人は少ないと思いますが、資産収入がある方もいます。

支出

食料・・絶対的に必要ですね。

住居・・どこに住みますか?もうローンも払い終わった1戸建てなら固定資産税だけ。子供と一緒に住むならまた違いますね。賃貸でしょうか?

光熱・水道費・・これも必要ですね。

被服、及び履物・・これも人の嗜好によりますが下着等必要経費になります。

保険・医療・・通院、入院が続くとこの出費はかさみます。また介護を受けるとさらにここが膨れます。

交通、通信・・車の運転を辞めた場合、バスや電車の費用がかかるかもしれません。

教育・娯楽・・趣味は続けていきたいですよね。

⑧その他

「医療費」の画像検索結果

身体が衰えてくる定年以降は⑤の医療、介護費が増える可能性があります。

また、今までの給料と年金では年金の方が少ない方が多いです。

生活水準(支出の①から④)を落とさないと、貯金を切り崩さないといけません。

貯金を切り崩す生活は精神的に不安に思う方も多いです。

幸い、生活保護制度があるので、適切な手続きが受けられれば

問題ないのですが、生活保護は恥だという考え方も多くあります。

お金がないと健康問題が起こる可能性があります。

「カップ麺 健康」の画像検索結果

例えば食費を抑えようとカップ麺ばかりの生活で健康を損ねてしまったら、医療費で結局出費が増えるという元も子もないことも起こるのです。

お金がないことで不適切な健康行動をとってしまうのです。

また、高齢になると問題になるのが認知症、認知症になると金銭管理ができなくなる可能性があります。

「認知症 金銭管理」の画像検索結果

あれ印鑑どこやった?○○銀行の手続きを忘れてしまった。

インターネットの個人アカウントを開けないという事も起こってくるでしょう。

また、仕事に行かなくなって、外へ出るきっかけをなくし、足腰が弱くなって

買い物に行けなくなる方もいます。体力が落ちると病気にかかりやすくなるし、病気にかかればお金がかかります。

「買い物難民」の画像検索結果

単純にお金が足りないという事が問題だけでなく、高齢で起こる体、お金の変化により生活しにくくなっていくことが問題なのです。

よって、

年金がいくら自分たちはもらえるのか調べてみる

・資産収入を増やす

・定年後は健康が損なわれないよう生活水準を落とす

・子供や公的機関のサポートを受ける。受けられるよう環境を整える。(近くに引っ越すなど)

・友人や地域と関係をつくり、助け合いができるよう心掛ける

定年後に向けての準備と定年後の意識、行動の変化が求められます。

「定年後 準備 フリー」の画像検索結果

既に65歳以上で困っているという方は

高齢者の総合相談の窓口として全国各地に設置されている地域包括支援センターがあります。相談してみてください。