死因が老衰の意味

2018年死因の原因に老衰が第3位になりました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45934830R10C19A6000000/

主な死因別にみた死亡率(人口10万対)の年次推移(出典:2018年人口動態統計月報年計[概数])

一般的に老衰とは 加齢により心身の能力が衰えることである。 (wikipedia)とされていますが、

 死因が老衰の意味とは、亡くなる直前までぴんぴんしてある時、ころりとあの世に行く

という意味ばかりではありません。

寝たきりで介護を受けながら、天寿を全うする

そんな老衰もあるのです。

そもそも死因はどのように決まるかというと

医師の死亡診断書で決まります。

「医師 診断」の画像検索結果
https://toyokeizai.net/articles/-/142562

死亡したかどうかを決められるのは医師だけです。

医師により、その原因が老衰と書けば死因は老衰となるのです。

老衰が近年、増えてきたのは色々な理由の中で以下の理由が考えられます。

病院以外で亡くなる事が多くなった。

 厚生労働省の施策や世間の変化により、病院以外で在宅や施設で過ごす人が増えました。

以前だったら、調子を崩すと病院に入院。

そのまま入院したまま亡くなるというのが一般的でしたが、

「訪問診療 イラスト 無料」の画像検索結果
https://www.sozai-library.com/sozai/9411

調子を崩しても、訪問診療や往診などで在宅で看取る方も多くなっています。

病院に入院していれば、検査やデータ等から死因が細かく推定できますが、

設備のない在宅や施設では、細かく死因も推定できないのです。

特に直接的な原因が見当たらず高齢であれば、死亡診断書に老衰と書くのも不思議ではありません。

家族:医師が老衰で亡くなったと言っていた。うちのじいちゃんはげんきだったんだなあ。

医師:脳梗塞後だから窒息か肺炎を起こしたのかもしれないなあ。家族とは離れ離れで一人暮らしだったみたいだし発見されたのが亡くなって数日たってるからわからないなあ。大学病院みたいに検死するわけじゃないし、ここは老衰と書いておこう。

こんな話のおちかもしれません。

つまり、老衰は死因が特定できない例が隠れているのです。

現在なんらかの介護を有する期間は男女共に平均10年と言われています。

老衰死が増えたことは「ぴんぴんころり」が増えたことではないのです。

「ぴんぴんころり」の画像検索結果
https://president.jp/articles/-/23619?page=3

皆さんは、どんな死を迎えたいですか?事故や事件などを除けば、皆最後まで健康に生きたいのではないでしょうか?

このブログでは、健康にまつわるライフハックを今後も紹介していきます

 

2000万円報告書から見る老後の生活のイメージ。

物議を醸した金融庁の老後資金は2000万円必要という報告書。

https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/2000manyen-1

原本はこちらhttps://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

これは65歳で退職して95歳まで生き、毎月5万円の赤字というモデルでした。

「2000万円」の画像検索結果

2000万円は必要だ、必要じゃない、政府の対応が酷いなど様々な意見があるかと

思いますが、

ここで大事なのは老後の経済状況を予想するという事だと思います。

定年退職後の経済について一緒にイメージしてみましょう。

第21回 市場ワーキング・グループ 厚生労働省より

収入

「年金」の画像検索結果

年金・・・国民年金、厚生年金、共済年金、障害年金などを指します。定年後の主な収入です。

勤め先収入・・引退しても、アルバイトやシルバー人材センター等で少額稼ぐ方もいます。

金利、株など資産収入・・定年後新たにはじめる人は少ないと思いますが、資産収入がある方もいます。

支出

食料・・絶対的に必要ですね。

住居・・どこに住みますか?もうローンも払い終わった1戸建てなら固定資産税だけ。子供と一緒に住むならまた違いますね。賃貸でしょうか?

光熱・水道費・・これも必要ですね。

被服、及び履物・・これも人の嗜好によりますが下着等必要経費になります。

保険・医療・・通院、入院が続くとこの出費はかさみます。また介護を受けるとさらにここが膨れます。

交通、通信・・車の運転を辞めた場合、バスや電車の費用がかかるかもしれません。

教育・娯楽・・趣味は続けていきたいですよね。

⑧その他

「医療費」の画像検索結果

身体が衰えてくる定年以降は⑤の医療、介護費が増える可能性があります。

また、今までの給料と年金では年金の方が少ない方が多いです。

生活水準(支出の①から④)を落とさないと、貯金を切り崩さないといけません。

貯金を切り崩す生活は精神的に不安に思う方も多いです。

幸い、生活保護制度があるので、適切な手続きが受けられれば

問題ないのですが、生活保護は恥だという考え方も多くあります。

お金がないと健康問題が起こる可能性があります。

「カップ麺 健康」の画像検索結果

例えば食費を抑えようとカップ麺ばかりの生活で健康を損ねてしまったら、医療費で結局出費が増えるという元も子もないことも起こるのです。

お金がないことで不適切な健康行動をとってしまうのです。

また、高齢になると問題になるのが認知症、認知症になると金銭管理ができなくなる可能性があります。

「認知症 金銭管理」の画像検索結果

あれ印鑑どこやった?○○銀行の手続きを忘れてしまった。

インターネットの個人アカウントを開けないという事も起こってくるでしょう。

また、仕事に行かなくなって、外へ出るきっかけをなくし、足腰が弱くなって

買い物に行けなくなる方もいます。体力が落ちると病気にかかりやすくなるし、病気にかかればお金がかかります。

「買い物難民」の画像検索結果

単純にお金が足りないという事が問題だけでなく、高齢で起こる体、お金の変化により生活しにくくなっていくことが問題なのです。

よって、

年金がいくら自分たちはもらえるのか調べてみる

・資産収入を増やす

・定年後は健康が損なわれないよう生活水準を落とす

・子供や公的機関のサポートを受ける。受けられるよう環境を整える。(近くに引っ越すなど)

・友人や地域と関係をつくり、助け合いができるよう心掛ける

定年後に向けての準備と定年後の意識、行動の変化が求められます。

「定年後 準備 フリー」の画像検索結果

既に65歳以上で困っているという方は

高齢者の総合相談の窓口として全国各地に設置されている地域包括支援センターがあります。相談してみてください。

認知症にかかる人の数はどれくらい?

最近、ニュースで高齢者ドライバーの起こす事件が取り上げられていますね

こんな記事も出ている通り、交通事故の原因は必ずしも認知症だけではないようです。

高齢ドライバーの事故、実は減少傾向だった

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56784

なんだ。年とっても運転して大丈夫だなと高を括っている方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

日本は超高齢化社会です。

日本の高齢者がどれくらいいるかご存知ですか?

内閣府のホームページに情報が載っています。

高齢化率は27.7%

4人に一人が65歳以上,です。

そして下のグラフを見ていただくとわかるように

図1-1-2 高齢化の推移と将来推計

若い世代の人口が減るので高齢化率はどんどん伸びていきます。

そして高齢者に多い疾患が「認知症」です。

認知症て遠い存在だと思っていませんか?

年齢毎の有病率を見てみると驚く結果が見えてきます。

[図]認知症にかかっている方の割合(年齢別)

出典:「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」(平成26年度厚生労働科学研究費補助金特別研究事業)より算出

80歳を超えると4人に一人が認知症。

85歳に2人に一人が認知症と言われるのです。

さらに、 高齢者の中で認知症にかかる人の割合は年々高くなってくると 言われていますので、かかりやすさはさらに上がる可能性が上がります。

85歳まで長生きしても、同年代以上の半分が認知症なのです。

もう一つ65歳を超えると5人に1人は認知症とも言われています。

参考 https://www.ninchisho-forum.com/knowledge/kurashi/003.html

「認知症 人」の画像検索結果

日本政府は認知症になっても地域で暮らしていけるよう

オレンジプランという特別な戦略を行っています。

最近このプランに、認知症予防も目標に入りました

認知症にはなりたくない。という方は多いですね。

このサイトでも今後、情報を上げていきます。

まずは、認知症は身近な病気である現実を知ってください。