ハンセン病とは?

最近ニュースで聞くハンセン病て知っていますか?

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/leprosy-familly2

「ハンセン病」の画像検索結果
https://nikkan-spa.jp/559347

ハンセン病とはらい菌による感染症で、皮膚や神経が侵され、

潰瘍や感覚障害が起き指や顔が変形、腐ってしまう恐ろしい病気です。

昔からある病気で日本の「古事記」や聖書にもその記述が残っています。

約40年前まで有効な治療法がなく、その外見の変貌もあってか

隔離政策を治療として行ってきました。

「MDT ハンセン病」の画像検索結果
http://leprosy.jp/about/cure/

現在はMDTという多剤併用療法、らい菌を撲滅させる薬が開発され

国際機関の協力もあって、らい病は完治する病気になりました。

ハンセン病の症状は?

末梢神経障害が症状ですので、痛くない、痒くない、ケガしていた、やけどしていたのを後から気づいた等が挙げられます。進行すると白班や赤班が皮膚にでき、変形することもあります。

「ハンセン病」の画像検索結果
日本財団 

国民の栄養状態も改善された日本では、新規発生は数名かつ治療法も有りますので、心配する必要はないでしょう。

自分でできるセルフチェックとしては皮膚の観察です。

例えば斑紋をペンなどで触って感覚があるのか 。なければ皮膚科や保健所に相談してください。(もしかしたら末梢神経障害は糖尿病が原因かもしれません。)

ハンセン病ついて知っておきたい事

病気自体は怖い病気ではなくなりましたが、昔は治療法も感染経路もよくわからなかったため、

二次感染を防ぐという名目で隔離をしてきた歴史、人々から迫害されてきた歴史があるのです。

「ハンセン病 時ぶり」の画像検索結果
映画 もののけ姫より

人間はよくわからないものに恐怖を覚えます。ハンセン病の歴史や当事者の

気持ちはどんなものだったのか以下のサイトで見てみてください。

病気にかかっても人生の醍醐味の一つ他社との交流、社会との交流を

続けたいと願いたいと思いませんか?

日本財団https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/leprosy/photos

    https://atm.eisai.co.jp/ntd/leprosy.html

     https://www.tokyo-jinken.or.jp/publication/tj_59_interview.html

水ぶくれができたら

久しぶりに長距離歩いた

お湯をこぼしてやけどしてしまった。

次の日、足を見てみると水ぶくれができていた。

「水泡 足」の画像検索結果

どうしよう?潰す?潰さない?

結論から言うと潰さないが正解です。

水ぶくれ、別名 水泡は皮膚の下に液体が溜まった状態で

通常、特定の刺激で皮膚が損傷しできることがあります。

特定の刺激とは、やけど、圧迫(靴擦れ、床ずれ)などですね。

ぶくっと膨らんだ皮膚の中の液体は細胞の修復に必要な成分が

入っているので、水泡を潰してしまうと治りが遅くなる、傷跡が残ると言われています。

また、皮膚が容易に傷つきやすいということは、全身の免疫力が低下している

可能性もあるため、潰した所から雑菌が入る可能性もあります。

雑菌が入って炎症、感染を起こすと治りが悪くなってしまいます。

ですので、基本的に水泡は潰さず保護すること。

「水泡 保護」の画像検索結果

大きさにもよりますが、バンドエイドやワセリンなどの保護剤を塗りガーゼで

保護しましょう。

潰さないためにも、衣服で締め付けすぎたり、ゆったりとした靴に履き替えたり

して水泡に刺激を与えないことも大切です。

そのためにも、水泡がどんな刺激で出来たのか、振り返ってみましょう。

例えば手術を終えた入院中の若者が一日ベッドに横に寝ただけでも水泡ができることがあります。

この場合は、術後の安静のため、寝返りができず、自分の体重とベッドの間でできた床ずれの可能性が高いです。

水泡は4,5日放っておけば小さくなっていきます。

傷の修復が進み、液体が吸収されていくからです。

500円玉以上の水泡や1週間以上続く水泡は皮膚科に診てもらった方が良いでしょう。

「水ぶくれ 病気」の画像検索結果
例えば こんな水ぶくれは 皮膚科へ

ウイルス性の水泡など別な原因もあるからです。

つい、ニキビのように潰したくなってしまうかもしれませんが

水ぶくれは潰さないようにしましょう。そして、皮膚科医に助言を受ける事もお忘れなく。

(ちなみに、ニキビも基本は潰さない方が良いです)